越後妻有の魅力とは、美しい棚田や緑の山々そしてそこに暮らす人々では?日本有数の豪雪地帯、ここに生まれ育ち他地域へ移住された方々より収集した故郷の「思い出の場所」から、越後妻有の魅力探しが始まった。情報収集からそこにたどり着くまでの過程における歴史や文化、自然との出会いは「思い出の場所」以上に重要である。また、現在ここで暮らしている子供達の「お気に入りの場所」探しも行われた。場所探しの起点となった「思い出センター」では、会期中も進行している調査の様子が公開された。また、場所探しに出かける為の案内も行われ、観客の方々にも実際にプロジェクトにご参加頂いた。会期終了後の「思い出センター」は継続プロジェクトとして、松代小学校にて子供達の将来の思い出づくり及び環境教育に活用されている。小学校や地元住民のご協力を得て進められているこのプロジェクトが越後の大地に根付くよう新たな展開を試みている。

リーディング アーティスト : 小林 豊
*越後妻有アートトリエンナーレ参加作品
ウェッブマスター:大城奈津乃